会員様ログイン カートの中 エギングトップへ トップページへ
当店在庫が欠品の場合、メーカーからのお取り寄せとなりますので、ご了承くださいませ。

検索
エギ/エギング/エギング用品 用品 エギ ヨーヅリ
エギ/エギング/エギング用品 用品 エギ ダイワ
エギ/エギング/エギング用品 用品 エギ マルキュー
エギ/エギング/エギング用品 用品 エギ ヤマシタ
エギ/エギング/エギング用品 用品 エギ ガンクラフト
エギ/エギング/エギング用品 用品 エギ シマノ
エギ/エギング/エギング用品 用品 エギ バレーヒル
エギ/エギング/エギング用品 用品 エギ タコエギング
エギ/エギング/エギング用品 用品 エギ ハリミツ
エギ/エギング/エギング用品 用品 エギ ドローフォー
エギ/エギング/エギング用品 用品 エギ オーシャンスキップ
 

ダイワ エメラルダス ボート RV 3.5号【YT】
【ダイワ|ティップラン|エメラルダス ボート RV 3.5号】

ダイワ エメラルダス ボート RV
ティップランエギングに最適!





ティップランと同じ方向に投げてシャローエリアを攻める場合、キャストしてある程度エギを沈めてから、ウィードエリアなら軽めのシャクリを数回入れて周囲のイカにアピールする。そして、ラインスラックをとりエギの頭を自分の方へ向けてストップ→ステイの後、ティップランのようなスライドではなく、ロッドワークでラインを張らず緩めずの状態にする。実はこれこそがSフォールで一番重要なポイント。

具体的には、ステイ後ボートが流れる分だけロッドをエギ方向に送りこむ。エギが軽いとアタリが分かりにくく、アワセのタイミングが遅くなってしまう。最初はエメラルダスダートディープなど、少し重目のエギを使用するといい。エギの重みを感じながらロッドを送りこんでいくようにすれば感覚がつかみやすいだろう。慣れれば軽めのエギでもラインテンションでアタリが取れるようになる。ティップランとのコンビネーションで狙う場合、シャローエリアではキャスト→シャクリ→ストップ→ステイ→Sフォールを組み合わせ、縦の動きでアピールする。やがて水深が深くなり海底がフラットなポイントに差し掛かったらティップランに切り換え、エギのスライドで広範囲に探るといい。

反対に、冬によくあるパターンとして、ある程度水深のあるフラットエリアからボートを流すときは、まずティップランからスタートし、かけ下がりに差し掛かったタイミングでSフォールを組み合わせる。冬は強風の日も多いことから、ボートが速く流れるためにエギが浮いてしまいがち。そんなときはロッドも速めに送りこむよう心掛ける。





 
数量を入力し「かごへ」をクリックしてください。価格はメーカー希望価格、販売価格とも消費税を含んでいます。
※この商品の販売は終了しました。
おすすめ商品
( 478708円 )
「エメラルダス ボート」に装着可能なウェイトアップシンカー